診察時間 Clinic Menu
  • 顕微鏡治療
  • 滅菌消毒設備
  • インプラント
  • むし歯
  • 歯周病
  • 根の治療
  • CT画像検査
  • 症例集
  • 再生医療
  • 予防
  • アンチエイジング
  • ホワイトニング
  • 各種検査
  • メンテナンス
  • 用語集
  • 治療費
医院案内

江田智行 デンタルクリニック

クリニック写真

〒152-0035
東京都目黒区自由が丘1-26-5 稲毛屋ビル5F
TEL 03-3724-1110
自由が丘駅 徒歩2分


地図 飛行機や新幹線からのアクセス»
院長ブログ

江田智行 デンタルクリニック > 院長ブログ

院長ブログ

2018年02月26日 9:01 PM

みなさん、平昌オリンピックはご覧になりましたか?

 

過去最高のメダル数とのこと。 歳を重ねるごとに涙もろくなっている気がするのですが、勝っても負けても感動を与えてくれたことに感謝です。

 

患者さんも感動して泣いてしまったとおっしゃっていました。

 

今回のスピードスケートのメダル数は凄かったですね。

 

冬季オリンピックの中でも、正直スピードスケートはあまり注目していた競技ではないのですが、今回のオリンピックはどんな競技でも録画し、夜に観るようにしていました。

 

にわかファンと言われればそれまでですが、ルールがよく分からなくても日本の選手が出れば

 

「頑張れー!」

 

とTVに向かって声援を送り、飼い主が楽しそうなので何故か犬もはしゃいでピョンピョン跳ね回っていました。

 

閉会式前日は新種目のマススタートとカーリングの順位決定戦がほぼ同時刻で、マススタートを録画し、カーリングを見ようとチャンネルをかえた途端、ピロリロリーン♪とニュース速報が流れ、【高木菜那金メダル】 と出てしまいリアルタイムで観ることはできませんでした。

 

それでもすぐに再生し、金メダルと分かっているのに「あ、危ない!」、「もうちょっとだ。行けー!」と声を張り上げてしまうのは何故だろう。

 

今回のオリンピック。記憶に残る試合が沢山ありました。

 

みなさんが一番記憶に残っているスポーツの場面は何ですか?

 

僕は、以前もブログに書いた男子ゴルフの宮里優作選手の初優勝のシーンです。

 

今でもCDに焼いて残してあります。

 

3月9日からパラリンピックが開幕します。 また楽しみが増えます。

 

みなさんも応援しましょう!

 

 

 

 

自由が丘 虫歯治療 江田智行デンタルクリニック

 

カテゴリー: 院長ブログ
タグ: , , , , — admin @

2018年02月25日 8:33 AM


矢印の歯、別のクリニックで虫歯が大きいから今度神経を取りますと言われ、削ってから詰め物をしたそうです。

その後麻酔がきれると痛みがでて常温の水でもしみるとのことで来院。


詰め物をとっていくと虫歯はまだたくさん残っています。応急処置だったのでしょうから虫歯が残っているのはおかしくありませんが、詰め物が神経に触れているかもしれないのですべてはずすと


神経がみえていました。


残りの虫歯もすべて除去すると矢印のようにある程度の大きさの神経の露出がありました。

止血もすぐできたので、神経を取らずにこのまま保存しても予後良好に経過する可能性が十分あると判断しMTAで封鎖。


そのままレジンで修復。


かみ合わせ調整、研磨して終了。


ラバーダムをして歯が乾燥しているためレジンより白く見えますが、しばらくすると色もなじんでいい感じになってくれるでしょう。

あとはこれで経過をみていきますが、これは昨年9月の治療画像で、今症状は無いようでうまくいっているようです。

神経を取らなくてすみましたね。

 

 

東京 自由が丘 顕微鏡治療 江田智行デンタルクリニック

カテゴリー: 院長ブログ
タグ: , , — admin @

2018年02月24日 7:06 PM


他院で金(ゴールド)を入れてから冷・温両方しみて、強い痛みで咬めないとのことで来院。

根管治療をしないといけない可能性を説明し、まずはゴールドを外してみることに。


あらら~。前の治療で虫歯をとった結果、神経の露出があったようです。

虫歯を除去して神経の露出が起きることが決して悪いことではありません。

珍しいことでもありません。ただその後の処置がMTAではないセメントで埋めてありましたが、全部シールされていなくて部分的に神経がむき出しになっていました。

そのセメントも接着が不完全なようでしたので全て除去しましたが出血もしてきません。

神経が壊死してきています。

(こりゃ痛かっただろうに)


中から膿もでてきます。


別の日に膿もでなくなり根管充填して根管治療終了。


症状も全くなくなったので、ビルドアップして経過をみていきます。


レジンで土台を入れて、その上も直接口腔内でレジンで形態回復しました。


神経のない歯は全面削ってかぶせ物(クラウン)という考えの先生も多いですが、

今回は歯質がある程度残っていたので、レジンで治しました。

 

 

目黒区 自由が丘 根管治療 レジン 江田智行デンタルクリニック

カテゴリー: 院長ブログ
タグ: , , — admin @

2018年02月16日 7:02 PM


 

患者さんが雛人形をじっと見つめながら、

 

「逆?」

 

とおっしゃったので、立ち位置間違えちゃったかな?っと覗いてみると、

 

「あ、いいんだ。 京雛を見慣れてるから違和感があるんだ。」

 

とのこと。 お母様が京都のご出身で、昔から京雛を見て育ったのだそう。

 

さて、この会話からお気づきの通り、お内裏様(男雛)とお雛様(女雛)の飾り方に違いがあるようです。

 

関東雛は左が男、右が女。 京雛はその逆。

 

何でだろう?と気になり、雛人形の歴史について調べて見たところ、

 

京都御所の紫宸殿の御即位の式典に由来し、太陽が先に当たる側が上の位、「左をもって尊し」という古来の風習による。

 

と、雛人形店のサイトに書かれていました。

 

知らなかった〜。

 

日本にはいろいろな行事があり、その土地によってもまた違った風習があり、今であれば

 

「もうすぐお雛様だね」

 

などと言いながらただお人形を見て季節を感じているだけですが、何故この行事が生まれたのか、それぞれにどういう意味があるのか、それを知るとまたグッと季節を感じられる気がします。

 

さー、並べてみな。

 

と7段飾りのお人形とお道具を出されて、どれくらいの人がきちんと並べられるのでしょうか?(土地、メーカーによって違いはあるようです。)

 

三人官女、五人囃子、随身、仕丁…

 

読むだけでも難読。

 

患者さんの一言が雛人形の歴史を知る良いきっかけになりました。

 

 

自由が丘 根管治療 江田智行デンタルクリニック

カテゴリー: 院長ブログ
タグ: , , , — admin @

2018年02月15日 10:16 AM


金属を外してレジンで治します。


金属を外すと中は虫歯になっています。


ていねいに取り残しのないように顕微鏡下で虫歯を除去します。


段差ができないように精密にレジンでもとの歯のように修復していきます。


研磨後。自然な感じにできました。

直接法レジンの方が治療の手間は圧倒的にかかりますが、歯質を大きく切削する間接法(歯型をとって次回SETします。)より歯質を保存できるので優れていると思います。

 

 

目黒区 レジン 顕微鏡治療 江田智行デンタルクリニック

 

カテゴリー: 院長ブログ
タグ: , — admin @

2018年02月14日 11:17 PM


歯の山になっている部分まで含む詰め物を歯科ではアンレーといいますが、

この歯のメタルアンレーを白く治したいとのことで直接法レジンアンレーで治療しました。


咬合面からみるとこんな感じ。

歯の山までレジンで修復するかしないかでは難易度は全然変わります。


横から顕微鏡でみると歯と金属の間に隙間ができてしまっていて不適合にもなっています。


金属を外すと虫歯にもなっているのがわかります。


虫歯を除去しました。結構深く広範囲に歯質がありません。


レジン充填後。裂溝に入れる茶色いレジンまで含めると私の場合、5色位のレジンを使うことが多いです。


咬合調整、研磨後。


自然ないい感じに治せました。

 

 

東京 顕微鏡治療 江田智行デンタルクリニック

カテゴリー: 院長ブログ
タグ: , — admin @

2018年02月02日 1:01 PM


10年以上前に入れたブリッジが4年位前から咬むと腫れて膿がでるとのことで、

2か所の歯科医院へ行くも、どっちの先生にも

「両方とも歯が割れているから抜歯になります。」と説明を受け、インプラントを勧められたそうです。

でもなるべく抜歯したくない、なんとか残せる可能性はないかということで当院へいらっしゃいました。



ブリッジを支える両方の歯に大きな根尖病巣があります。

破折していてもおかしくないですが、これだけで確定診断はできません。

口腔内を診ても明らかな破折は確認できなかったので、

やってみないと(中を診てみないと)分からなく、破折していたら抜歯になることを了解の上でブリッジ、メタルコアを除去して顕微鏡で確認。

見える範囲で破折は認められなかったので、根管治療を行いました。

(それにしてもこの根管治療でメタルボンドブリッジを入れるって・・・)


腫れもなくなり、膿もでなくなりました。


病巣もなくなり、骨が再生してくれました。

今回は破折も認められず、根管治療で治ってくれたので本当に良かったと思います。

はじめからあきらめて抜歯して自分の歯を2本失うのとでは全然違いますからね。

 

 

 

自由が丘 根管治療 江田智行デンタルクリニック

 

 

カテゴリー: 院長ブログ
タグ: , — admin @

2018年02月01日 11:45 AM

みなさん昨日の天体ショーはご覧になりましたか。

『スーパームーン』 『ブルームーン』 『ブラッドムーン』

この3つの条件がそろう『スーパーブルーブラッドムーン』は1982年以来、35年ぶりだとか。

寒い中何度も庭にでて撮影してみました。

月が高い位置だったので首が痛くなりませんでしたか?


20時48分頃、月食が始まりました。


3
21時52分頃、皆既月食に。


おー!見事な赤銅色に!!

この後、部分食に戻っていくときには曇ってしまって見えませんでしたが、

とても神秘的な天体ショーを満喫できました。

 

 

 

目黒区 顕微鏡治療 江田智行デンタルクリニック

カテゴリー: 院長ブログ
タグ: — admin @

2017年03月28日 1:41 PM

14
歯と歯の間にむし歯があります。

これを治療するのにも、先生毎の治療方針によって結果は大きく変わってきます。

歯を大きく削って歯型を取って保険で金属修復だと

14-2
こんなふうになってしまうかもしれません。

これだと健康な歯質を削りすぎなので、レジンで修復すれば最小限の切削量で済みますが、段差ができないように詰めるのは実は結構大変なことなんです。

15
むし歯をとったらこんな感じになりましたが黄矢印部分をどれだけ段差なく精密に詰めるかが重要になります。

16
今回は歯と歯の間をほんのわずか(0.2mm位でしょうか)ですが、詰めるあいだだけ歯を押して動かして隙間をあけて、顕微鏡下でレジンを詰めていきました。

隣の歯にレジンがくっついてしまうとフロスも通らなくなってしまうので、ぎりぎりつかないところまで詰めて固めたら歯を押して隙間を作っていた器具を外すと

17
ピタッとコンタクトしてきれいに歯の形態を作れます。

横からみても

18
矢印部のレジンと歯の境界部も段差なくきれいに治療できました。

段差があるとそこにはプラークが付きやすく、又落としにくくなります。

その結果二次的に又むし歯ができたり、歯周病も起きやすくなります。

どれだけ精密に治療するかでその歯の寿命も大きく変わってきます。

 

 

 

東京 顕微鏡治療 レジン 江田智行デンタルクリニック

カテゴリー: 院長ブログ
タグ: , — admin @

2017年03月17日 7:21 PM

↓来院時レントゲン

9
↓来院時口腔内写真

10
飛行機内で激痛があり、旅行先の歯科医院で青矢印の歯の神経をとり、帰ってきてから都内で2回根管治療を受けてからの来院でした。

痛みが強かった為か、青矢印の歯とその手前の黄矢印の歯の咬合面(咬み合わせの面)が、咬んだ時に下の歯と当らないようにがっつり削ってありました。

ダイヤモンド粒子で削っている為、咬合面全てに細かいすじ状の削りキズがついているのがわかります。

これだと根管治療が終わってもちゃんと下の歯と咬めないため歯の形態を回復しないといけません。

先生ごとに治療方針は違うので、全面削って芯のように小さくしてクラウン(被せ物)にするっていう先生もいるでしょう。

というかそのほうが多いでしょうね。

しかし患者さんの希望もあり、健康な歯質が全周残っていた為、レジンで土台を入れた後、咬合面全てをレジンで治療することにしました。

そうすれば治療も土台から歯の形態回復まで1回の来院で終わりますし、何よりきれいな歯質を削らないで済みます。

11
↑手前の黄矢印の歯も咬合面が全て削ってあったのでこの歯も咬合面全てをレジン充填で治すことにしました。

↓まずは根管治療して根管充填

12
今度はレジンで土台を入れてから咬合面のレジン充填

13
14
手前の歯もレジン充填

15
これでちゃんと咬むことができるようになりました。

16
術後経過も良好でよかったです。

 

 

 

自由が丘 根管治療 レジン治療 江田智行デンタルクリニック

 

カテゴリー: 院長ブログ
タグ: , — admin @

次のページ »