診察時間 Clinic Menu
  • 顕微鏡治療
  • 滅菌消毒設備
  • インプラント
  • むし歯
  • 歯周病
  • 根の治療
  • CT画像検査
  • 症例集
  • 再生医療
  • 予防
  • アンチエイジング
  • ホワイトニング
  • 各種検査
  • メンテナンス
  • 用語集
  • 治療費
医院案内

江田智行 デンタルクリニック

クリニック写真

〒152-0035
東京都目黒区自由が丘1-26-5 稲毛屋ビル5F
TEL 03-3724-1110
自由が丘駅 徒歩2分


地図 飛行機や新幹線からのアクセス»
院長ブログ

江田智行 デンタルクリニック > 院長ブログ > 傘の思い出

2011年09月21日 11:07 PM

みなさん、凄い台風でしたね。 今日は病院の窓も自動ドアも大粒の雨が滴ってはガタガタと揺れて恐怖を覚えました。

院長室から見えるビニールハウスが大変なことになっていました!

昼休みに台風中継を見ていましたが、必ずと言っていいほど道を歩いている方の傘が骨ごとひっくり返ってコウモリのようになっている風景を目にします。 僕たちのおじいちゃんたち世代の方は傘をコウモリと言いますもんね。

確かに雨の日に歩いていても、傘の骨の部分が1本だけ飛び出てしまって、「目に刺さったら危ないなー」という状況が良くあります。 ニットが解れてしまったこともありました。 まあ過去の事です。

そして突然思い出したのですが、僕が勤務医の頃の話です。

ある日のこと。 台風とまではいきませんでしたが、バケツをひっくり返したような雨と、目が開けられないほどの強い風。 んでもって、帰りが遅くなってしまったため、辺りは真っ暗。 スタッフを送っていくことにしたのですが、スタッフは傘を持っておらず、いわゆる相合傘で車まで小走りすることに。

この天気ですから、大体が傘自体意味を成していないようなものだったのですが、「無いよりはマシ」ということで、暗闇をダッシュ! しかも運悪くビルの出口から車までが遠い!

傘はさしてはいるものの、雨風が容赦なく顔に吹き付けてくるので自然と顔は下を向いてしまいます。 暫く小走りダッシュをしていると何かがおかしい・・・ 右手が軽い・・・

少し顔をあげると、傘がないではありませんか! どこが無くなっちゃったと思いますか? 本当に傘が無くなっちゃったんです。 持ち手だけを残して。 つまり、持ち手の『U』の字をした部分と骨の軸にあたるつなぎ目がポッキリ折れてしまって、残されたのは『U』の形の取っ手だけ。

2人で気づかず下を向き、僕はただひたすら『U』を持って車に向かっていたのです。

雨の中笑い転げて、夜の屋上には2人の笑い声が響いていました。

ちなみに、上の部分が何処に行ってしまったのかは謎です。

自由が丘  インプラント 江田智行デンタルクリニック

カテゴリー: 院長ブログ — タグ: , , , , — admin @ 11:07 PM