診察時間 Clinic Menu
  • 顕微鏡治療
  • 滅菌消毒設備
  • インプラント
  • むし歯
  • 歯周病
  • 根の治療
  • CT画像検査
  • 症例集
  • 再生医療
  • 予防
  • アンチエイジング
  • ホワイトニング
  • 各種検査
  • メンテナンス
  • 用語集
  • 治療費
医院案内

江田智行 デンタルクリニック

クリニック写真

〒152-0035
東京都目黒区自由が丘1-26-5 稲毛屋ビル5F
TEL 03-3724-1110
自由が丘駅 徒歩2分


地図 飛行機や新幹線からのアクセス»
院長ブログ

江田智行 デンタルクリニック > 院長ブログ > わら半紙

2012年11月09日 9:29 PM

ご存知でしょうか? わら半紙。 今や白いコピー紙が主流ですが、小さなころは学校のテストや学級新聞はわら半紙が主流だったように思います。 平成生まれの子は分からないかな?

最近のコピー機は綺麗で早いが当たり前になってきていますが、昔はそうだったかなぁ?と、コピーをしながら日々思うのであります。

聞いた話なのですが、Aちゃん小学生だった頃の話です。

授業が終わり、クラブ活動も休みの日で、友達と4人で学校に残って遊んでいたそうです。 そのうち一人が教務室(職員室)に遊びに行こうと言い出し、4人は教務室へ向かいました。

そして、担任の先生に、「先生ここで遊んでもいいですか?」

どう考えても駄目です。 教職員の部屋なのですから。 先生方は授業が終わっても忙しく働いておられます。 しかし、小学生にとってそんなことはお構いなし。 ただ、中学年にもなればある程度の分別はつきます。 一応許可を取ったのです。

「うーん、ここはダメかな。」 先生はそう言うしか無いよね。しかし、先生は優しかった。

「今から明日配る学級だより印刷するからこっちの部屋でお話しするならいいよ。」

「やったー!」 先生とお話しすることは嬉しいもんです。 女子たちは先生に続いて印刷室に向かいました。

「先生これなんですか?」 「先生は何時までいるんですか?」 「先生がこれ作ったんですか?」

質問攻めに遭いながらも仕事をこなしていく先生。 印刷機から生徒分の学級だよりがシャーシャー出てきます。

「うわー!」 4人で感嘆の声を上げます。 すると、Bちゃんが1枚印刷機から取り出しました。

「わー、温かーい!」

と同時に、先生の顔が青ざめ、「あ~~~!」

皆の視線がBちゃんの顔へ。 顔からわら半紙を剥がしたBちゃんの顔には耳なし芳一のように文字がびっしりと書かれていたのです。と言うより写ったと言った方がいいのでしょう。

印刷面のインクがまだ乾いておらず、学級だよりが【まんま】Bちゃんの顔に写ってしまったのです。

季節は冬。 ホットココアが恋しい季節です。 太陽をいっぱい浴びた洗濯物のように温かかったのでしょう。

全員で廊下にある手洗い場へダッシュ。 Bちゃんは急いで顔を洗い、3人は見守ることしかできません。 当時の水道からはお湯は出ませんでした。 冷たいなんて言っている場合ではないのです。

「良かった~!落ちたよ!」

全員安堵。 先生もびっくりしたでしょう。 その日はこれで解散。 また明日ね!

翌日の学級だより。 4人は互いに目くばせをし合うのでした。

 

 

自由が丘 むし歯 江田智行デンタルクリニック

カテゴリー: 院長ブログ — タグ: , , , , — admin @ 9:29 PM