診察時間 Clinic Menu
  • 顕微鏡治療
  • 滅菌消毒設備
  • インプラント
  • むし歯
  • 歯周病
  • 根の治療
  • CT画像検査
  • 症例集
  • 再生医療
  • 予防
  • アンチエイジング
  • ホワイトニング
  • 各種検査
  • メンテナンス
  • 用語集
  • 治療費
医院案内

江田智行 デンタルクリニック

クリニック写真

〒152-0035
東京都目黒区自由が丘1-26-5 稲毛屋ビル5F
TEL 03-3724-1110
自由が丘駅 徒歩2分


地図 飛行機や新幹線からのアクセス»
院長ブログ

江田智行 デンタルクリニック > 院長ブログ > プロフェッショナル

2010年04月26日 11:04 PM

今日は当院の衛生士の高校の友人が検診に来ました。

 

彼は美容師として働いており、衛生士自身ももう10年近くカットやカラーでお世話になっているそうです。 

 

スタイリストデビューする前からずっと切ってもらっているようですが、1度だけ他の美容室に行ったそうです。

 

しかし後悔・・・

 

合う合わないがあるのかもしれませんが、彼にしてもらうカットが一番納得するそうです。

 

 

歯科にも同じことが言えます。

 

いつも同じ人が担当する。 永い付き合いになればなるほど状態を把握できる。 信頼関係が生まれてくる。

 

今日は全体のチェックとクリーニングでしたが、クリーニングは衛生士が担当して行います。

 

「これでいつも通り磨いてください。」

 

「はずかしいなー。」

 

「ねえ、恥ずかしいよね。 でもこれが私の仕事なんです。」

 

こんな会話が聞こえてきましたが、同じ学舎で同じ授業を受けていた二人がそれぞれの道に進み、それぞれがプロとして自信を持って仕事をしている。

 

聞いていて何故かほのぼのしてきました。

 

その後は真剣に衛生士の指導に聞き入っていたようですが、自分のくちにどれだけ関心を持たせられるか、モチベーションをあげて、お口の中を自身の努力で改善させることができるかが衛生士の腕の見せ所です。

 

歯石を取ってハイ終わり。 これでは何も改善しません。

 

自分の健康は自分で保つ、衛生士はそれを手助けする仕事です。

 

みなさんもブラッシングをたまに見直してみてくださいね。

カテゴリー: 院長ブログ — タグ: , , , , , — admin @ 11:04 PM