診察時間 Clinic Menu
  • 顕微鏡治療
  • 滅菌消毒設備
  • インプラント
  • むし歯
  • 歯周病
  • 根の治療
  • CT画像検査
  • 症例集
  • 再生医療
  • 予防
  • アンチエイジング
  • ホワイトニング
  • 各種検査
  • メンテナンス
  • 用語集
  • 治療費
医院案内

江田智行 デンタルクリニック

クリニック写真

〒152-0035
東京都目黒区自由が丘1-26-5 稲毛屋ビル5F
TEL 03-3724-1110
自由が丘駅 徒歩2分


地図 飛行機や新幹線からのアクセス»
院長ブログ

江田智行 デンタルクリニック > 院長ブログ > 冬の恒例行事 2-②

2014年01月15日 10:19 PM

そして翌日。 今日はめぐ目覚ましより早く目覚め、準備をしていざスキー場へ。

おとうさんは20云年ぶりなので板やブーツはレンタル。 昔と違い短くなってカーブの付いた板に戸惑うおとうさん。

「ありゃ。ともちゃん、駄目かも・・・」 板を嵌めてみてやはり感覚が違ったのでしょう。 とりあえずリフトに乗ってみることに。

リフトを降り、いざ滑ろうというところで、

「ともちゃん、やっぱり駄目かも・・・」 こんな弱気なおとうさん見たことないぞ? うーん今日はトンボ帰りコースかな?と思っていると、

「よし!」 とおとうさんが滑り出しました。 え、上手いじゃん・・・ 僕がその後を追いかけ、結局何本も滑り、楽しさから少し遅い昼食に。

違和感は最初だけだったようで、久々のスキーに楽しそうなおとうさん。 後半は「足が自分の足じゃないみたいになってきた。」と、筋肉痛の予兆が出始めました。

自宅に帰ると、車を降りようとしているお父さんが既に苦しそうです。

「ただいまー。」と家に入ると、おかあさんがケーキとお茶を用意してくれていました。 みんなで3時のおやつです。 「いただきまーす!」 すると僕の隣でおとうさんが、

「あー、手が~手が~!」 ピンと伸びた中指と薬指。 ストックを握りしめた握力からなのか、指が攣ってフォークが持てないのです! 娘は大爆笑ですが、当の本人は指が攣って苦しんでいるのです。 その後も数回指がピンとなっていましたが、何とかケーキを完食。

「漢方飲も!」 常備してある漢方を飲み、横になったおとうさん。 そして数分後、

「ん~!足が~足が~!」 今度は足が攣り始めたのです。 お父さんはのた打ち回り、苦しみました。 

「漢方くれー!」 

「また飲むんかい!」と妻に突っ込まれながら2包目。

そして20秒後。 むくっと起き上がり、「あー、効いたわ」 

「漢方に即効性無いっしょ!」と今度は妹に突っ込まれていましたが、足の痛みは和らいだようです。

翌日は前日が嘘のようにほとんど筋肉痛が無く、穏やかに過ごせたようです。

これを機におとうさんはスキーに嵌るのかな? でもゴルフが大好きなおとうさんは、やはりゴルフを優先するのでしょう。

来年スキーセットが用意されていたら本気です。

 

 

自由が丘 マイクロスコープ 江田智行デンタルクリニック

カテゴリー: 院長ブログ — タグ: , , — admin @ 10:19 PM