診察時間 Clinic Menu
  • 顕微鏡治療
  • 滅菌消毒設備
  • インプラント
  • むし歯
  • 歯周病
  • 根の治療
  • CT画像検査
  • 症例集
  • 再生医療
  • 予防
  • アンチエイジング
  • ホワイトニング
  • 各種検査
  • メンテナンス
  • 用語集
  • 治療費
医院案内

江田智行 デンタルクリニック

クリニック写真

〒152-0035
東京都目黒区自由が丘1-26-5 稲毛屋ビル5F
TEL 03-3724-1110
自由が丘駅 徒歩2分


地図 飛行機や新幹線からのアクセス»
院長ブログ

江田智行 デンタルクリニック > 院長ブログ > まずは声掛け

2014年10月21日 10:22 PM

こんばんは。 あー、またこんなに空いてしまいました・・・ ごめんなさい。

 

ちなみに福ちゃんは元気いっぱいです。 相変わらず、ご飯の時間以外は省エネなのか寝てばかりですが、ピンポン玉のようにまん丸でそろそろ小屋(昔のブログを見てくださいね)の入り口が狭くなってきたような気がします。

 

福ちゃんの写真はまた今度。(結構福ちゃんのファンがいるのです)

 

さて、昨日いらした患者さんとの話。

 

患者さんが電車に乗っていると、とある駅で男性のカバンが挟まったままドアが閉まり、そしてそのまま出発してしまったそうです。

 

幸い電車が急停止して無事だったそうですが、この男性は松葉杖をついていました。

 

座席の真ん中付近に座っていたそうですが、電車が停車し、ドアが開いて閉まるまでの時間。 短いんですね。

 

男性は間に合わなかったのです。 生憎乗車する人もおらず、周りの方もそこまで気にしていなかったのかもしれません。

 

周りには女性が多く、誰もドアをこじ開けられなかったとのこと。

 

昔、満員電車に乗っていて、とある駅で小柄な女性が降りようとしているのに先にどんどん乗車しようとする人が乗り込んできて、遠目に「あー、あの人降りられないのかな?」と眺めていたところ、近くにいたサラリーマン風の男性が「降ります!あけてください!」と叫んだのです。

 

この男性は降りないんですよ? 女性がなんとか降りようとしているのを見兼ねて叫んだと思われます。

 

女性は無事に降りることができ、僕は満員の中男性に小さな拍手を贈りました。 かっちょいいです、先輩。

 

余談ですが、学生の頃これまた終電の満員電車に乗っていました。 これに乗らなきゃ帰れないって奴です。

 

周りは仕事で疲れている方、ほろ酔いの方、様々。 しかし僕の友人はほろ酔いなんてもんじゃなく酔った先の具合が悪くなっちゃったパターンで目が虚ろ。 満員の空気の悪さも影響してか突然、

 

「うー、吐きそう!」(お食事中の方ごめんなさい)

 

その声にあの満員の社内が、友人を中心としたドーナツ状に空間ができたのです。 どこにこんな隙間があったんだ!

 

幸い我慢できたようで、最寄の駅で無事下車することができましたが、一度できた空間はそのままでした。

 

さて話は戻って、横断歩道の青信号も場所によっては「もう?」と言いたくなるようなところがありませんか?

 

青のなった瞬間に渡っても、足の不自由な方や高齢の方は渡れないんじゃないの?って思うときありませんか?

 

一生懸命急いで渡っているのに、じりじりと前に詰めて威嚇する車。おいおい・・・って突っ込みたくなります。

 

あまり遭遇することは少ないかもしれませんが、「この人、間に合わないかも!」そんな方を見かけたら積極的に声を掛けよう! そう思います。

 

常にアンテナを張って周りに気を配ろう。 そんな気持ちになりました。

 

自由が丘 根管治療 江田智行デンタルクリニック

カテゴリー: 院長ブログ — タグ: , , , , — admin @ 10:22 PM