診察時間 Clinic Menu
  • 顕微鏡治療
  • 滅菌消毒設備
  • インプラント
  • むし歯
  • 歯周病
  • 根の治療
  • CT画像検査
  • 症例集
  • 再生医療
  • 予防
  • アンチエイジング
  • ホワイトニング
  • 各種検査
  • メンテナンス
  • 用語集
  • 治療費
医院案内

江田智行 デンタルクリニック

クリニック写真

〒152-0035
東京都目黒区自由が丘1-26-5 稲毛屋ビル5F
TEL 03-3724-1110
自由が丘駅 徒歩2分


地図 飛行機や新幹線からのアクセス»
院長ブログ

江田智行 デンタルクリニック > 院長ブログ > 嬉しいお言葉

2015年02月02日 9:53 PM

先日メンテナンスで来院された患者さんに、

 

「私、先生に治療してもらったのを最後に今日までずっとメンテナンスだけできてるんですよ。」

 

と言われました。

 

僕が最後に治療したのは勤務医時代なのでかれこれ10年近くになります。 勤務していた歯科医院を退職した後もメンテナンスには通い続け、開業後こちらの医院に通っていただくようになりました。

 

確かにカルテを見てみても全てメンテナンス。 僕のカルテよりも衛生士の記録のほうが厚みがあるくらいです。

 

一度だけマウスピースを作り替えましたが、あとは時々X線で診査をして、チェックとクリーニングだけ。

 

これって実は素晴らしいことなんです。

 

【メンテナンスを定期的に受ければ虫歯にも歯周病にもならない】

 

こんな解釈をされている方が結構多いのですが、3か月に一度のメンテナンスをしたとして、僕らが関われるのは365日のうち4日(と言っても丸1日じゃないですよね) 4か月に一度なら年3回。 つまりそれ以外の日は自分の努力に掛っているのです。

 

マウスピースを作り替えたのは擦り切れて穴が開いてきたから。 擦り切れて穴が開くほど毎日使用しているのです。

 

「噛み締めの力が強いのでマウスピースを作りましょうか」 自分の歯を守るために予防する。 自分の癖や病態を理解して予防する。 これを続けた結果今に至っています。

 

お口の中の状況は十人十色。 もちろんどんなに気を付けていても予期せぬ事態(歯が欠けたり、折れてしまったり)はありますし、家族と同じケアをしていれば大丈夫というわけでもありません。

 

「歯が重なっているから磨き残しが出やすいって言われたな。」

 

「親知らずの手前の歯が虫歯になりかけているって言われたな。」

 

「固いものを噛んだら折れるリスクがあるから控えよう。」

 

その方その方で気に留める場所・内容は違います。

 

「この間ここが磨けていないと言われたんで教わった通りにブラシを使っているんですが今日はどうですか?」

 

「ここのポケット深くなっていませんか? 少し出血するんです。」

 

こんな言葉をメンテナンスで聞いたときは、あー、この方はただ磨くのではなく自分の状態を理解しているんだな。と嬉しく思います。

 

言葉には出さなくても前回指摘したところが見違えるようにきれいにできていたりすると、それも嬉しくなります。

 

治療が終わって、「やっと終わったー!」という気持ち。解放感ですかね。

 

ですが、その日からが新たなスタートだと思って、【自分の歯は自分で守る!でもサポートお願いね!】てな気持ちでメンテナンスを継続していただけたらなと思います。

 

寒さに負けず頑張ろう!

 

自由が丘 顕微鏡治療 江田智行デンタルクリニック

カテゴリー: 院長ブログ — タグ: , , , , — admin @ 9:53 PM