診察時間 Clinic Menu
  • 顕微鏡治療
  • 滅菌消毒設備
  • インプラント
  • むし歯
  • 歯周病
  • 根の治療
  • CT画像検査
  • 症例集
  • 再生医療
  • 予防
  • アンチエイジング
  • ホワイトニング
  • 各種検査
  • メンテナンス
  • 用語集
  • 治療費
医院案内

江田智行 デンタルクリニック

クリニック写真

〒152-0035
東京都目黒区自由が丘1-26-5 稲毛屋ビル5F
TEL 03-3724-1110
自由が丘駅 徒歩2分


地図 飛行機や新幹線からのアクセス»
院長ブログ

江田智行 デンタルクリニック > 院長ブログ > むし歯を1回で精密に治すレジン治療

2016年10月20日 8:31 AM


隣接面との間にむし歯が出来ています。

フロスを通して引っかかったり、切れたりすれば

「あれっ」

って思うかもしれませんが、なかなか自分では気がつきません。

保険診療で歯型を取って、金属で治療するともしかしたら


こんなふうに金属が入るかもしれません。

保険診療で診療報酬や治療効率、治療時間等を考えての、

こういう小さい大きさのむし歯の割には大きな金属が入ってしまうというのも多いと思います。

でもなるべく健全歯質は残したいですよね。

レジン治療は健全歯質の切削量をずっとずっと少なくできるメリットがあります。

 


このむし歯を取るときに、気をつけないといけないことは

≪隣の歯を傷つけない≫

ことです。当たり前で簡単そうなことですが、

<隣の歯を削らないように、でもむし歯を取り残さない>

これって結構難しい。

歯ってとても小さいですから、歯科治療はとってもとっても細かいことをしなくてはいけません。

だから肉眼ではよく見えません!←(僕はです。)

だから顕微鏡治療が必須なのです。

いつも<かぶせもの>や<詰め物>を外すと、隣の歯が削られている(触れてしまっている)のを見かけます。

というかそっちの方が多い気が・・・・・。

 


隣の歯を削らないようにメタルプレートを入れて保護します。

 


むし歯を取り終え、あとは段差ができないようにレジンで歯の形態を回復していきます。

 


段差なく色も合っていてきれいにできました。

治療の手間はかかりますが、歯にはやさしい治療です。

 

 

 

目黒区 自由が丘 レジン治療 ダイレクトボンディング 江田智行デンタルクリニック

カテゴリー: 院長ブログ — タグ: , — admin @ 8:31 AM