診察時間 Clinic Menu
  • 顕微鏡治療
  • 滅菌消毒設備
  • インプラント
  • むし歯
  • 歯周病
  • 根の治療
  • CT画像検査
  • 症例集
  • 再生医療
  • 予防
  • アンチエイジング
  • ホワイトニング
  • 各種検査
  • メンテナンス
  • 用語集
  • 治療費
医院案内

江田智行 デンタルクリニック

クリニック写真

〒152-0035
東京都目黒区自由が丘1-26-5 稲毛屋ビル5F
TEL 03-3724-1110
自由が丘駅 徒歩2分


地図 飛行機や新幹線からのアクセス»
院長ブログ

江田智行 デンタルクリニック > 院長ブログ > 隣接面むし歯を歯間離開してレジン治療

2017年03月28日 1:41 PM

14
歯と歯の間にむし歯があります。

これを治療するのにも、先生毎の治療方針によって結果は大きく変わってきます。

歯を大きく削って歯型を取って保険で金属修復だと

14-2
こんなふうになってしまうかもしれません。

これだと健康な歯質を削りすぎなので、レジンで修復すれば最小限の切削量で済みますが、段差ができないように詰めるのは実は結構大変なことなんです。

15
むし歯をとったらこんな感じになりましたが黄矢印部分をどれだけ段差なく精密に詰めるかが重要になります。

16
今回は歯と歯の間をほんのわずか(0.2mm位でしょうか)ですが、詰めるあいだだけ歯を押して動かして隙間をあけて、顕微鏡下でレジンを詰めていきました。

隣の歯にレジンがくっついてしまうとフロスも通らなくなってしまうので、ぎりぎりつかないところまで詰めて固めたら歯を押して隙間を作っていた器具を外すと

17
ピタッとコンタクトしてきれいに歯の形態を作れます。

横からみても

18
矢印部のレジンと歯の境界部も段差なくきれいに治療できました。

段差があるとそこにはプラークが付きやすく、又落としにくくなります。

その結果二次的に又むし歯ができたり、歯周病も起きやすくなります。

どれだけ精密に治療するかでその歯の寿命も大きく変わってきます。

 

 

 

東京 顕微鏡治療 レジン 江田智行デンタルクリニック

カテゴリー: 院長ブログ — タグ: , — admin @ 1:41 PM