診察時間 Clinic Menu
  • 顕微鏡治療
  • 滅菌消毒設備
  • インプラント
  • むし歯
  • 歯周病
  • 根の治療
  • CT画像検査
  • 症例集
  • 再生医療
  • 予防
  • アンチエイジング
  • ホワイトニング
  • 各種検査
  • メンテナンス
  • 用語集
  • 治療費
医院案内

江田智行 デンタルクリニック

クリニック写真

〒152-0035
東京都目黒区自由が丘1-26-5 稲毛屋ビル5F
TEL 03-3724-1110
自由が丘駅 徒歩2分


地図 飛行機や新幹線からのアクセス»
院長ブログ

江田智行 デンタルクリニック > 院長ブログ > ブリッジの大きい根尖病巣の根管治療

2018年02月02日 1:01 PM


10年以上前に入れたブリッジが4年位前から咬むと腫れて膿がでるとのことで、

2か所の歯科医院へ行くも、どっちの先生にも

「両方とも歯が割れているから抜歯になります。」と説明を受け、インプラントを勧められたそうです。

でもなるべく抜歯したくない、なんとか残せる可能性はないかということで当院へいらっしゃいました。



ブリッジを支える両方の歯に大きな根尖病巣があります。

破折していてもおかしくないですが、これだけで確定診断はできません。

口腔内を診ても明らかな破折は確認できなかったので、

やってみないと(中を診てみないと)分からなく、破折していたら抜歯になることを了解の上でブリッジ、メタルコアを除去して顕微鏡で確認。

見える範囲で破折は認められなかったので、根管治療を行いました。

(それにしてもこの根管治療でメタルボンドブリッジを入れるって・・・)


腫れもなくなり、膿もでなくなりました。


病巣もなくなり、骨が再生してくれました。

今回は破折も認められず、根管治療で治ってくれたので本当に良かったと思います。

はじめからあきらめて抜歯して自分の歯を2本失うのとでは全然違いますからね。

 

 

 

自由が丘 根管治療 江田智行デンタルクリニック

 

 

カテゴリー: 院長ブログ — タグ: , — admin @ 1:01 PM