診察時間 Clinic Menu
  • 顕微鏡治療
  • 滅菌消毒設備
  • インプラント
  • むし歯
  • 歯周病
  • 根の治療
  • CT画像検査
  • 症例集
  • 再生医療
  • 予防
  • アンチエイジング
  • ホワイトニング
  • 各種検査
  • メンテナンス
  • 用語集
  • 治療費
医院案内

江田智行 デンタルクリニック

クリニック写真

〒152-0035
東京都目黒区自由が丘1-26-5 稲毛屋ビル5F
TEL 03-3724-1110
自由が丘駅 徒歩2分


地図 飛行機や新幹線からのアクセス»
院長ブログ

江田智行 デンタルクリニック > むし歯

むし歯

レジン治療。たった1回の治療でこんなになります。

帰る時には白い歯に。

 


レジン治療は通常のように歯型をとらない為、1回の治療で終わります。患者さんの時間の短縮にもなり、もちろん仮の詰め物も入れず、帰る時には白い歯に。顕微鏡で高拡大してみながら、最小限にむし歯部分だけを丁寧にとり、レジンで直接口の中で精密に、歯の色にも合わせて治します。その為治療した痕もほとんどわかりません。

 

むし歯治療で大切なポイント

削るのは最小限にしてなるべく歯を削らない

できるだけ神経は取らない

詰めたり、被せものを入れるときは歯と詰め物の間に段差ができないように高精度な治療を行う

これは簡単なようで実際にはとても難しい事です。最初にどんな治療を受けるかが非常に重要で、歯科医の技術、考え方や術式によって大きく治療結果が変わり、歯の寿命が変わってきます。
歯を削られる事を安易に考える方が多いですが、歯は一度削ったら二度と再生しない臓器です。

江田智行デンタルクリニックではマイクロスコープ(肉眼ではなく顕微鏡による拡大視野下で治療を行います)でなるべく歯を削らない、神経を取らない、高精度な治療を行っています。

 

CACE   奥歯の金属の下のむし歯


 

黄色矢印の歯の、赤丸部分にむし歯があります。

ここは歯と歯のコンタクト部分でむし歯のできやすいところです。また患者さん自身も気づきにくいところです。

顕微鏡で拡大してみると

 
 

 

穴があいているのがわかります。

このような場合むし歯は金属の下まで進んでいることがおおいため、外したほうがいいでしょう。

そのため治療方法は《顕微鏡下で金属を外して内部をすべて確認できるようにし、余分に歯を削らないよう最小限にむし歯を除去して、1回で治療が終わるレジン治療》としました。


 

 

金属を外したところです。

むし歯を青く染色するとかなり進行しています。


 

 

赤丸(歯と歯のコンタクト部分のむし歯の発生場所)を削る時に隣の歯を削ってしまわないように黄色矢印のメタルプレートを挟んで隣の歯を保護します。

顕微鏡強拡大で見ながら、ていねいにむし歯をとっていきます。

一般的に行われている治療では、治療しにくいためにこの青矢印の部分を削ることが多いのですが、今回は残すことができました。

このトンネルのようにむし歯をとるのは、非常に手間がかかります。


むし歯をすべて除去したら、消毒してレジンを詰めていきます。

本来の歯に近づくよう、まわりの歯との調和も考えながら溝を入れて、溝の深いところには茶色のレジンを入れたりして天然歯のように歯をつくります。

きれいに治療できました。

レジン治療は歯型をとらず1回の即日治療で終わります。

 

 

 むし歯 C0:初期むし歯
C1:むし歯がエナメル質内。
C2:むし歯が象牙質まで進行している。
C3:むし歯が歯髄まで及んでいる。
C4:むし歯により歯冠が崩壊している。根尖病巣ができていることもある。

歯を削られる事を安易に考える方が多いですが、歯は一度削ったら二度と再生しない臓器です。

当院は超精密な精度で治療を行う為に、手術用顕微鏡や拡大鏡による拡大下で全ての治療を行っています。

通常使われている削る器械は、むし歯を除去する器械が入る為の最小限の入口の確保の為だけに用い、その後はより柔らかい材質の異なる、歯を削らないものでむし歯部分だけを除去します。
むし歯
その後も顕微鏡、拡大鏡にて詰めものに段差が無いように、超精密に詰めていきます。
むし歯
せっかくむし歯をとっても、詰めものと歯の間に段差があっては、そこにプラークがつきやすく、むし歯の再発、歯周病になるリスクが高くなってしまいます。

正確に、丁寧に治療することによって、その後患者さん自身の歯磨きで汚れがとれやすい形態にしなくてはいけません。

歯と歯の接触点(コンタクトポイント)の位置も解剖学的に理想的な位置があり、治療しても不良なコンタクトポイントだと、食べ物がつまり、歯周病を継発したり、隣接面むし歯を併発しやすくなります。又、咀嚼障害や、歯の捻転、位置異常を起こし、歯列不正の原因になることもあります。

歯型を取る治療は便宜的に余分に歯を削らなくてはいけないことがある為、当院ではむし歯の大きさにもよりますが、極力削らず、その日のうちに1回で白く治すように心掛けています。

不適切な治療(詰め物やコンタクト形態等)

プラークコントロールのしにくい環境(むし歯リスクの増加、歯周病リスクの増加)
↓                           ↓
むし歯再発                       歯周病罹患
↓                           ↓
むし歯治療                       歯の喪失

削る度、歯質(天然歯質)が無くなる
むし歯