診察時間 Clinic Menu
  • 顕微鏡治療
  • 滅菌消毒設備
  • インプラント
  • むし歯
  • 歯周病
  • 根の治療
  • CT画像検査
  • 症例集
  • 再生医療
  • 予防
  • アンチエイジング
  • ホワイトニング
  • 各種検査
  • メンテナンス
  • 用語集
  • 治療費
医院案内

江田智行 デンタルクリニック

クリニック写真

〒152-0035
東京都目黒区自由が丘1-26-5 稲毛屋ビル5F
TEL 03-3724-1110
自由が丘駅 徒歩2分


地図 飛行機や新幹線からのアクセス»
院長ブログ

江田智行 デンタルクリニック > レジン治療

レジン治療

2017年03月28日 1:41 PM

14
歯と歯の間にむし歯があります。

これを治療するのにも、先生毎の治療方針によって結果は大きく変わってきます。

歯を大きく削って歯型を取って保険で金属修復だと

14-2
こんなふうになってしまうかもしれません。

これだと健康な歯質を削りすぎなので、レジンで修復すれば最小限の切削量で済みますが、段差ができないように詰めるのは実は結構大変なことなんです。

15
むし歯をとったらこんな感じになりましたが黄矢印部分をどれだけ段差なく精密に詰めるかが重要になります。

16
今回は歯と歯の間をほんのわずか(0.2mm位でしょうか)ですが、詰めるあいだだけ歯を押して動かして隙間をあけて、顕微鏡下でレジンを詰めていきました。

隣の歯にレジンがくっついてしまうとフロスも通らなくなってしまうので、ぎりぎりつかないところまで詰めて固めたら歯を押して隙間を作っていた器具を外すと

17
ピタッとコンタクトしてきれいに歯の形態を作れます。

横からみても

18
矢印部のレジンと歯の境界部も段差なくきれいに治療できました。

段差があるとそこにはプラークが付きやすく、又落としにくくなります。

その結果二次的に又むし歯ができたり、歯周病も起きやすくなります。

どれだけ精密に治療するかでその歯の寿命も大きく変わってきます。

 

 

 

東京 顕微鏡治療 レジン 江田智行デンタルクリニック

カテゴリー: 院長ブログ
タグ: , — admin @

2017年03月17日 7:21 PM

↓来院時レントゲン

9
↓来院時口腔内写真

10
飛行機内で激痛があり、旅行先の歯科医院で青矢印の歯の神経をとり、帰ってきてから都内で2回根管治療を受けてからの来院でした。

痛みが強かった為か、青矢印の歯とその手前の黄矢印の歯の咬合面(咬み合わせの面)が、咬んだ時に下の歯と当らないようにがっつり削ってありました。

ダイヤモンド粒子で削っている為、咬合面全てに細かいすじ状の削りキズがついているのがわかります。

これだと根管治療が終わってもちゃんと下の歯と咬めないため歯の形態を回復しないといけません。

先生ごとに治療方針は違うので、全面削って芯のように小さくしてクラウン(被せ物)にするっていう先生もいるでしょう。

というかそのほうが多いでしょうね。

しかし患者さんの希望もあり、健康な歯質が全周残っていた為、レジンで土台を入れた後、咬合面全てをレジンで治療することにしました。

そうすれば治療も土台から歯の形態回復まで1回の来院で終わりますし、何よりきれいな歯質を削らないで済みます。

11
↑手前の黄矢印の歯も咬合面が全て削ってあったのでこの歯も咬合面全てをレジン充填で治すことにしました。

↓まずは根管治療して根管充填

12
今度はレジンで土台を入れてから咬合面のレジン充填

13
14
手前の歯もレジン充填

15
これでちゃんと咬むことができるようになりました。

16
術後経過も良好でよかったです。

 

 

 

自由が丘 根管治療 レジン治療 江田智行デンタルクリニック

 

カテゴリー: 院長ブログ
タグ: , — admin @

2016年10月20日 8:31 AM


隣接面との間にむし歯が出来ています。

フロスを通して引っかかったり、切れたりすれば

「あれっ」

って思うかもしれませんが、なかなか自分では気がつきません。

保険診療で歯型を取って、金属で治療するともしかしたら


こんなふうに金属が入るかもしれません。

保険診療で診療報酬や治療効率、治療時間等を考えての、

こういう小さい大きさのむし歯の割には大きな金属が入ってしまうというのも多いと思います。

でもなるべく健全歯質は残したいですよね。

レジン治療は健全歯質の切削量をずっとずっと少なくできるメリットがあります。

 


このむし歯を取るときに、気をつけないといけないことは

≪隣の歯を傷つけない≫

ことです。当たり前で簡単そうなことですが、

<隣の歯を削らないように、でもむし歯を取り残さない>

これって結構難しい。

歯ってとても小さいですから、歯科治療はとってもとっても細かいことをしなくてはいけません。

だから肉眼ではよく見えません!←(僕はです。)

だから顕微鏡治療が必須なのです。

いつも<かぶせもの>や<詰め物>を外すと、隣の歯が削られている(触れてしまっている)のを見かけます。

というかそっちの方が多い気が・・・・・。

 


隣の歯を削らないようにメタルプレートを入れて保護します。

 


むし歯を取り終え、あとは段差ができないようにレジンで歯の形態を回復していきます。

 


段差なく色も合っていてきれいにできました。

治療の手間はかかりますが、歯にはやさしい治療です。

 

 

 

目黒区 自由が丘 レジン治療 ダイレクトボンディング 江田智行デンタルクリニック

カテゴリー: 院長ブログ
タグ: , — admin @

2016年10月14日 9:11 AM

うわー!!ブログ更新だいぶ間が空いてしまいました。

先日友人に「ブログ更新してないね!」との指摘も。

 

治療前
上顎第一大臼歯、甘いものがしみてフロスもうまく通せない(というか通らない)。

詰め物の範囲
詰め物(レジン)が赤い線で囲ったように入っていて、黒い部分にむし歯がありました。


詰め物を外していくと歯と歯の間に大きなむし歯が。

顕微鏡下で

・なるべく健全歯質を残すように

・むし歯を取り残さないように確実に

・むし歯をとる際、となりの歯を削らないように

最大限の注意をしながら、むし歯と古い詰め物をすべて取り除いていきます。


きれいになりました。

あとはレジンが段差ができないように、顕微鏡下で丁寧に歯の形態を作っていきます。


精密に治療ができました。色も残存歯質とあっていていい感じです。

レジン治療は歯の切削量を少なくでき、歯型も取らないため、一回で治療を終えることができます。

 

 

 

目黒区 自由が丘 顕微鏡歯科治療 江田智行デンタルクリニック

カテゴリー: 院長ブログ
タグ: — admin @